« 首長連合は公文書不存在 | トップページ | 改革派知事・記者会見記録の保存具合 »

2012年6月27日 (水)

全国紙での知事支持率調査は21世紀から!

改革派知事の調べのなかで、全国の知事支持率を朝日・読売の新聞社で調査をしていることを再発見しました。

一番、新しいものは2010年の参議院選挙前の調査で、朝日新聞では1位が宮崎・東国原、2位が鳥取・平井、3位高知・尾崎と続いています。

改革派知事の時代を見ると、2004年の参議院選挙前の調べがあって、読売新聞では鳥取・片山、岩手・増田の改革派知事が78%、75%の県民から支持されていると発表されていました。

知事の支持率調査は2007年にも公表されていて、参議院選挙の前に世論調査を全国的に実施するのに合わせて行うのが通例になっているようです。

さらに、2001年、1998年と知事の支持率調査を探してみましたが、記事検索をしているなかでは見つかりませんでした。

ということで、改革派知事の活躍が目立って、全国知事会長に改革派知事のグループから岐阜の梶原知事が選ばれたことを契機に、知事の支持率調査が行われるようになったということが分かってきました。

来年7月の参議院選挙前にも知事の支持率調査が行われるのか、それとも大阪市の橋下市長や名古屋市の河村市長の動向に注目が集まるため、政令指定都市の市長支持率調査も並行して行われるのか、注目をしたいと思います。

|

« 首長連合は公文書不存在 | トップページ | 改革派知事・記者会見記録の保存具合 »