« 大阪市長の首長連携で情報提供を受ける | トップページ | 首長連合は公文書不存在 »

2012年5月21日 (月)

21世紀臨調の事務局長にお会いしました

18日金曜日は、東京・永田町で知事連携のグループの一つである21世紀臨調の知事・市町村長連合会議の事務局長を務めていた、日本生産性本部の前田さんとお会いしました。

 

1時間あまりの面談では、2003年1月の三重県四日市市でマニフェストを大々的に打ち出したシンポジウムや、2005年2月の全国知事会議で裏方をしていらしたと聞き、今更ながらの初対面であることが分かりました。

 

知事連携については、民間臨調の政治改革をめぐる動きから、地方分権の流れも出てきたし、マニフェストに着目するという方向性も、改革派知事と学者の方の思いが偶然の一致で勢いを増したということを教えてもらいました。

 

細川政権が誕生した時期のことまで話題が豊富な中身に圧倒されながら、そういえば、自分が社会と積極的にかかわるようになったのも、細川政権が生まれる前年に始まったYOSAKOIソーランまつりだったなあと連想していました。

 

また、改革派知事の結集の軸として、三重県で知事をしていた北川正恭さんの存在感の大きさ、国会議員時代からのつながりが知事連携に生きていたことも感じました。

 

高知に帰って資料を探してみると、21世紀臨調の文書のなかのあちこちに、前田さんのお名前を見つかります。

 

こうした、時代を動かず鍵になっている方とお会いできるのも、改革派知事の記録探索の奥深さだと思う一日でした。

|

« 大阪市長の首長連携で情報提供を受ける | トップページ | 首長連合は公文書不存在 »