« 高知県立図書館を活用しています | トップページ | 増田寛也・前岩手県知事にインタビューで訪問 »

2012年4月22日 (日)

関連の本を取り寄せています

知事連携の時代を調べるにあたって、出版された本にも随分とあたってきました。

 

僕自身が関わった、橋本大二郎知事の本についてはもとより、他の知事さんや学者のみなさんらが書いた本を順次チェックしています。

 

宮城・浅野、三重・北川、高知・橋本の3名で鼎談した内容をまとめた一冊も文春新書であって、鼎談に立ち会った僕も久しぶりに中身を読みました。

 

このごろは、知事連携の集まりで話題になったことや、知事連携のなかで誕生したものの本も読みました。

 

障害者就労を情報化などの道具を使って進めようというプロップステーションの本や、知事連携の地方分権研究会にルーツがある次世代リーダー養成塾の本です。

 

岐阜県の梶原元知事にお会いした後は、夢おこし県政を振り返った一冊を手に取って、近県との知事交流を相当意識的に梶原元知事はやっていたことが確認できました。

 

図書館で調べる本も多いのですが、ネットのアマゾンで検索をしたうえで中古品としての古本を購入するケースもあります。

 

10年以上前に発売された本でも、パソコン上のやりとりで手軽に購入できます。

 

値段も本体価格は1円で、送料こみで251円といったところで、お手軽です。

 

今日も言論NPOで出したブックレットや、地方分権の学者さんの書いた本を読んで、必要なところに付箋をはりました。

 

|

« 高知県立図書館を活用しています | トップページ | 増田寛也・前岩手県知事にインタビューで訪問 »