« 前宮城県知事の浅野史郎さんにインタビュー | トップページ | 分権型政策制度研究センターを訪問しました »

2012年3月31日 (土)

月尾先生に知事連携のはじまりを聞く

改革派知事連携の最初の組織である「地域から変わる日本推進会議」をはじめた月尾嘉男先生に、29日はインタビューに出かけました。

 

98年4月に発足した知事連携の会ですが、それまでに雑誌での知事対談を通じて知り合った方々などに声をかけて始まったということを知りました。

 

東京大学の教授をして、国の審議会の委員などを引き受ける中で出てきた思いがあって、地方から国を変えていこうとする気構えだったそうです。

 

全国各地で、僻村塾という集まりを月尾先生でやっていたことも、知事連携の力になりました。

 

高知県でも四万十僻村塾というものがあって、僕も月尾先生が総務省の審議官に就任して開催したときにおじゃましたことがあるのですが、そちらとのつきあいはすっかり薄くなっているそうです。

 

知事連携の会の名前は、日本反転推進会議に決まりかけていたものを、発表直前に変えたということです。

 

全国知事会を変えるきっかけをつくったことを大きな成果だと振り返っていました。

 

今も、三重県で知事をしていた北川さんや岩手県知事をしていた増田さんとは、たまに会うとのことです。

 

何のモデルもないところから、新しい知事連携の組織を立ち上げたことが改めて分かったインタビューでした。

 

|

« 前宮城県知事の浅野史郎さんにインタビュー | トップページ | 分権型政策制度研究センターを訪問しました »