« 2009年5月 | トップページ | 2012年1月 »

2009年6月30日 (火)

映画「はりまや橋」

28日の日曜日は、イオンで公開中の映画「はりまや橋」を見てきました。

正午からの上映で、ほぼ満員の観客です。

サンフランシスコと高知が主な舞台です。

高知市役所では正面玄関前に、映画撮影のようすなどを紹介するパネル展示がされています。

映画のそのものは国境や人種といった壁を乗り越えていく姿を描いているので、地味な感じはしますが、冗長な場面はありません。

海よりも中山間部の高知の自然が美しい、人の暮らしと接点がある自然に対する監督の愛着を感じる場面がたくさんありました。

なかでも、小さな神社で若いカップルが結婚式を神主さんの立会いであげるところは、深く印象に残りました。

5月の連休中にサンフランシスコからきたはずなのに、8月のよさこい祭りのシーンが出ていたりするのも、厳密にいえば変なのかもしれませんが、それだけ紹介したい高知がいっぱいあったということなのでしょう。

また、映画の撮影などの準備で活躍していた方の店で食事をする場面があったりするのも、ご当地映画らしいものです。

上映が終わったあと、劇場から出る方のなかからも、登場人物の名前をさして、「あの役の名前は○○さんに、ちなんじゅうがでねえ」といった会話も聞こえてきました。

高知市役所の正面玄関前に、映画撮影のようすなどを紹介するパネル展示がされていますが、先行上映の高知からの盛り上がりで、全国に展開して上映館が増えることを願っています。

|

2009年6月 3日 (水)

日吉に同級生の店ができました

横浜市の日吉に、中学高校の同級生が経営するアイリッシュ・パブができました。

66日のオープンを前に、5月下旬から仮営業を始めたというので、近くに住む同級生を誘って店にいきました。

東急東横線の日吉駅西口から数分の場所に、オブライエンズ・アイリッシュ・パブはあります。

住所は横浜市港北区日吉本町1-19-2、電話は045-563-5460です。

慶応大学の日吉キャンパスとは反対側の出口にあります。

横文字でO'Brien's Irish Pubの看板が出ていました。

緑の看板がアイルランドっぽいです。

8時ごろに座ったころにはちらほらだったお客さんは、10時前ぐらいになると接客が間に合わなくなりそうなほどに来ていました。

20人もいると満員の感じです。

高知で中学1年生から6年間をともに過ごした友人の店なので、大丈夫かなあ、何か気がついたことがあれば伝えないといけないなあという思いで、飲み物を頼みます。

映画と旅が大好きな学園生活の友でした。

アイリッシュ・パブというものが今ひとつピンときていなかったのですが、ギネスビールがメインで、注文のたびにその場でお金を支払っていくのは特徴的です。

事前に、出身地の高知の食材でおすすめのものがないだろうかと相談を受けていたので、どんなものならば似合うのかなと思案します。

とはいいながら、くつろいだ雰囲気で友人たちと楽しくおしゃべりをしながら、ひとときを過ごせました。

また、東京に出かけたついで立ち寄ってみたいと思っています。

|

« 2009年5月 | トップページ | 2012年1月 »