« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年10月25日 (土)

二つのセミナーに登場します

10月下旬から2週間続けて、高知でのセミナーで進行役をつとめます。

ひとつは1028日午後230分から、高知城ホールで開催の地デジセミナーです。

総務省四国総合通信局と四国情報通信懇談会の共催で、地上デジタル放送の理解を深めてもらい、普及促進に役立つことを目的にしています。

できたばかりの総務省四国地域テレビ受信者支援センターの三好センター長の講演が終わったあとの第2部で僕が登壇します。

「地デジ大使から見た、感じた地上デジタル放送」というテーマのトークセッションで、司会進行役をデジタルこうち推進協会専務理事の立場でお引き受けしました。

高知県内のNHKと民放各社の女性アナウンサー4名の地デジ大使とともに、地デジの魅力や大使としての活動ぶり、今後の課題などを、いただいた1時間ほどで分かりやすく紹介していきます。

セミナーの進行役の経験はあるものの、若い女性ばかりのなかでの役割なので、少し緊張しています。

事前申込みは必要なのですが、当日でも参加できるようなので、ぜひおいでてください。

ふたつめのセミナーは、116日午後130分からの高齢者暮らしのセミナー「男女の高齢者が地域で自立して暮らしていくために ~デンマーク流 高齢者男女の自立の仕組み」です。

高齢者の自立した生活について、男女共同参画という視点から考えてみましょうというセミナーです。

高知市旭町の男女共同参画センター「ソーレ」の3階研修室が会場です。

高知市桟橋にある県内初の高齢者優良賃貸住宅「ステラ桟橋」で宅老所を運営する、NPO法人ステラの主催です。

こちらは、デンマークの高齢者福祉の専門家である松岡洋子さんの講演のあとでのシンポジウムで進行役を予定しています。

ステラ桟橋のオーナーが僕の大学恩師の奥さんというご縁で、手伝っているステラのイベントですが、男女の自立した高齢での暮らしというテーマは、なかなか奥行の深いテーマだと思っています。

どちらも平日午後の開催ですが、ぜひ足を向けておいでてください。

|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »