« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

橋下・大阪府知事との接点を考える

126日の選挙で当選した橋下大阪府知事に目が離せない。

高知県と経済的に深いつながりのある大阪府の代表に、活気が薄れた大阪を元気にしてほしい、波及効果が高知にやってくるほどにがんばってほしいと願う。

また、40歳で当選した高知県の尾崎知事を抜いて38歳の最年少知事になった彼と僕が同じ年の生まれということも気になる。

僕が大学受験に失敗したときに通ったのは大阪の緑地公園駅そばにある大手予備校で、きっと北野高校で橋下さんを知るクラスメイトもいたことだろう。

そして、三重県津市で僕が市議をしていたころの仲間が、橋下徹選挙事務所で中心となって活躍をしていたことを知ると、ますます身近に思える。

橋下府知事とは、弁護士時代の、それもテレビによく出るようになる以前からのつきあいが僕の仲間の彼にはあるようで、新しい知事には心強い味方になるだろう。

一方で、当選してからの報道で知るにつけ、弁護士出身で行政経験がほとんどない橋下府知事をあぶなっかしいなあ、これから大丈夫かなと心配はする。

4年間の任期があるのだから、もっと地に足をつけて時期を選びながら改革を進めていけばいいのにとも思う。

けれども、高い支持率のもとでばっさり切っていく時期も必要だと共感してか、案外と府立施設の見直しについて肯定的な意見が多いので、それほどに現状への不満、役所への不信感は高いのだろうか。

29日に始まった大阪府議会でも、そんな大阪府への疑問、これから元気にしていく方策を具体的に問い答える場面を期待している。

確かに、安芸市のような人口規模2万人の町での乾いたぞうきんを絞り取るような行財政改革のお手伝いをしていた僕が見ても、まだまだ府政には大ナタをふるわなくてはいけないところがありそうだ。

安芸市でやっていたような職員数の5年間で4分の1にも及ぶ大幅カット、ごみ収集の有料化、施設管理の民間委託、税料金の徹底徴収などがどうなっているのか気になる。

橋下府知事が誕生してからの大阪には、まだ出かけていく機会はもっていないが、高知のハシモト知事を支えてきた経験を、大阪でハシモト知事を支えている方々に伝えていく機会をもっていきたいものだ。

|

2008年2月19日 (火)

一年が巡ってきたなあと思います

昨年のこの時期は、4月に行われた県議選を目指しての活動をしていたので、早くも一年が巡ってきたなあと思います。

日曜日は、親子で参加するOYAKOSUKEのイベントが県民体育館でありました。

昨年も顔を出して競技に出てみたので、その時点よりも子どもの成長を実感できるのは親としての喜びです。

一方で、昨年は高校の同級生が実行委員のなかにいて、知り合いへの紹介もお願いしていったなあということも思い出しました。

とさのおきゃくイベントも3月からスタートしますが、ひとつひとつに昨年のどたばたしながら動いていたことを覚えています。

事務所を手伝ってくれていた一人は、旧西土佐村地区で観光関連の仕事につきました。

僕も近況報告ができていない方が多いので、4月以降はもう少し週末に動こうかなと思います。

毎年、この時期は花粉症で悩むのですが、さいきんはとにかくヨーグルトをたくさん食べていると症状が軽くなるので、それに頼っています。

阪神タイガースのキャンプ入りを聞くと、安芸市で仕事をしていた時期のことを考えます。

まだ、人生を振り返る年代ではないのですが、このごろは、また一年が巡ってきたなあと思います。

|

2008年2月 4日 (月)

家族で県立文学館へ行きました

週末の3日は家族4人で高知城公園のなかにある県立文学館に行きました。

子供たちの目当ては、「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」の読み聞かせです。

自転車で出かけて到着すると、お城のふもとに練馬ナンバーのキャラバンカーが停まって、たくさんの子どもが周囲で絵本を読んでいます。

講談社の企画で走るキャラバンカーのトラックには、荷台部分にたくさんの幼児から小学校低学年向けの本が並んでいました。

子どもたちは好きな本を手にとって、自分で読む、大人に読んでもらうことをしていました。

午後3時からは、県立文学館1階にできた「こどものぶんがく室」で、大型紙芝居や絵本の読み聞かせです。

30名ぐらいの親子連れが、三匹の子ぶたといったおなじみの物語などを聞きました。

僕は、その間に県立文学館2階で開催中の「天璋院篤姫と宮尾文学展」の見学です。

1月からNHKで始まった大河ドラマ「篤姫」の原作を紹介しながら、郷土出身の宮尾文学の世界が展示されています。

大河ドラマは毎週見ていますし、北海道にいたときには伊達市での宮尾登美子文学館に出入りしていたこともあったので、南北の展示内容を比較しながら見学しました。

県立文学館2階の展示を見終えたころ、1階の読み聞かせも終わって、また3月の会も来たいねえといいあいながら帰りました。

|

2008年2月 2日 (土)

二つの講演会に参加しました

1月末には松山と高知で続けて総務省が主催にはいる講演会を聴いてきました。

30日は松山での「地域WiMAX講演会」です。

デジタルこうち推進協会の副理事長とともに高知から日帰りで参加しました。

人口の少ない地域でも、安いコストでのブロードバンド化を進めるためにも期待される地域WiMAXについて、三菱総合研究所の方からは地域産業基盤としての役割での話をしてもらい、総務省からは制度化までの流れや無線局審査基準といった話をうかがいました。

会場からの質問にあったように、導入にあたってのコストカットや端末の開発といった課題はありますが、全国レベルでのWiMAXの見通しが出てきたこともあって、市町村行政との連携を含めて、今後も動きをフォローしたいと思います。

31日は高知で「テレワーク推進セミナー」です。

知事秘書や安芸市助役のときにアウトソーシングの推進というテーマのもとで、高知県スタイルで進めてきたことが評価されて、総務省と厚生労働省の主催で開かれました。

ICT(情報通信技術)を活用した場所と時間にとらわれない働き方であるテレワークは、女性の働きやすい環境であるとともに、距離のハンディがある高知県の中山間地域での働く場として期待があります。

昨年末まで高知県で副知事をつとめていた中西穂高経済産業研究所上席研究員の講演があって、いろんなことがあったなあと思いだしながら聞いていました。

そして、30日の講演で認識を深めた地域WiMAXという仕組みも利用しながら、県内のブロードバンド化を進めていくことで、地域の活性化が進展することを、今後の仕事でもかかわりがもてればありがたいと感じました。

|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »